ご挨拶

 

今年の夏は時季当初より、つい最近まで猛暑を超えた酷暑の夏でした。昨今ようやく暑さも和らぎ、初秋を感じさせます。

会員の皆様方にはお変わりなくご健勝の事と存じます。

東京オリンピック空手競技の開催日2020年8月6日~8日まで2年を切りました。又、アルゼンチン・ブエノスアイレスでのユースオリンピック空手競技の開催は来月10月17・18日と目前に迫っています。日本チームは全階級6種目の出場権を獲得し、選手達の大活躍で多くのメダル獲得が期待されます。

和道会が5年周期で開催されているワールドカップ大会の中間年に開催される国際大会として、先月の8月25・26日にイギリス レスターにて和道会オールネイションズ チャンピオンシップ2018が開催さました。日本からA代表20名(選考選手)、B代表25名(自費、選考選手)、合計45名の形、組手選手が参加し、個人戦で優勝20名、準優勝13名、3位8名、未入賞4名 男子組手団体戦 優勝、女子は入賞を逸しましたが、お陰様で好成績を収めることが出来ました。参加国26ケ国で各国選手に良好なインパクトを与え、国際親善と友好関係を築き、大いに貢献してくれました

私も団長として参加者全員が職務を全うし、大変意義のある派遣でした。

我々、執行部は各事業予定を、皆様のご理解とご協力を頂き順調に実施致しております。今後の事業にも積極的なご参加をお願いします。

今般、皆様方のご理解を頂き意思の疎通を図り、尚一層の行事の充実化と円滑化を考慮し、電子メール化の中で東京地区本部ホームページの活用化をお願い致したいと考えております。現状の掲載内容の一部改訂し、各事業である昇段審査会、技術講習会、審判講習会、小中学生練習会及び形・組手審判養成講習会等の案内並び申込書の細部をHPに掲載し、電子メールの申し込みを可能にしたいと思います。当然移行期を考慮し従来の書類による申込み方法も併用し継続して行きます。

会員皆様方のご意見を頂きながら組織の拡充に努力致して参りますので、ご支援ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

それでは皆様方の御活躍を祈念申し上げてご挨拶と致します。

                         平成30年9月初旬

                            柳田俊介